読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

高級寿司店のランチ寿司 ∴ すし処みや田

f:id:DGD:20170314091140j:plain

カウンター9席のみのシンプルで小綺麗な店内で、
寿司専門店に来たと実感出来るすし処みや田です。

すすきのエリアですが駐車場があるので便利です。

後を引くすっきりとした甘みが印象的な良質な緑茶。
ガリの美味しさも特筆に値します。
かなり少量でしたが、
いくらでも食べたくなるガリでした。
ランチ寿司で食べた中では大変美味しく、
このお店のようにガリの美味しい寿司屋は、
極めて少ないのです。

しかし、
コスパ的にはランチタイムには厳しい値段でした。
が、
料理や接客等、
一つ一つがきっちりいい形が出来ていて、
確立されたレベルの高いものになっています。

ネタのハイレベルな味わいが、
印象深く心に残りました。

一人前はお任せのみで、3,240円でした。
ランチでこれが決まった値段か分かりませんが、
このお店の雲丹と中トロのレベルは高いです。

最初にシャリのサイズを聞かれましたが、
お店の標準サイズを希望しました。

気を利かせて、
ややシャリ大きめにしたとの事ですが、
それでも標準より小振りな握りでした。
本当にお店のスタンダードで出していたら、
鮨のなか田みたいなサイズだったのかが
気になるところではありますが…

ヒラメ
中トロ
ヤリイカ
真アジ
甘エビ
ホタテ
カニ
イクラ
ウニ

f:id:DGD:20170314091846j:plain

平目は昆布締めしてあり、
柑橘香らせた熟成タイプでした。
身の締まり良く旨味と臭みが出て来た
食べるにギリギリのラインでしょうか。
ヒラメの旨味と昆布の風味に
柑橘系の風味付けがされてるんですが、
やはり熟成がピークを超えた方向に感じました。

f:id:DGD:20170314091805j:plain

槍烏賊は、切り込みが入っていて、
柔らか美味しく食べる事が出来ました。

f:id:DGD:20170314091908j:plain

真鯵
煮切りと薬味でそのまま食べれます。
青魚の風味に脂乗りも程よい感じで、
甘みと旨味がしっかり感じられました。
クセも感じられず食感も楽しめました。

f:id:DGD:20170314091921j:plain

甘海老
日本海で取れた甘海老
高級寿司店で味わうから美味しく感じる
という錯覚ではなくて、
ねっとり甘みの強さと
プリプリとした食感で、
最近食べた海老の中では最高の甘海老でした。
これは逸品です。

f:id:DGD:20170314091932j:plain

帆立は、
生きていたものを外したばかりで生きてます!
活きがいいホタテの食感は堪りません♪
甘みも感じられ上質な味わいのホタテでした。

f:id:DGD:20170314091944j:plain

毛蟹はミソと醤油が少し掛かっているもので、
毛蟹ならではの旨味とコクがしっかりでした。
毛蟹の身の食感の中にクリーミーな
毛蟹の味噌の風味が溶け込んで来ました。

f:id:DGD:20170314091957j:plain

イクラは皮が感じられない程に口溶け良く、
口当たりが良くまろやかで味のいいいくらでした。

f:id:DGD:20170314092011j:plain

浜中産の蝦夷馬糞雲丹と思います。
スッキリとした甘みとライトなコクですが、
この時期の雲丹としては極上の味わいかと
じっくりと堪能して余韻も楽しみました。

小樽のランチ寿司価格でしたが、
札幌市内ではやはり割高感のある
高級寿司店のランチ寿司となりました。

総合 3.7
味 3.8
サービス 3.6
雰囲気 3.8
コスパ 2.8
ドリンク 3.5

所在地
北海道札幌市中央区南7条西5丁目1−11


☆☆☆次回予告編☆☆☆

あのガリをアテにお酒が楽しめそうです。
夜来ることはあるのでしょうか。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B246348631/

ボリュームも鮮度もいいのです ∴ 寿司処 清平

f:id:DGD:20170313095117j:plain

札幌全日空ホテルの地下にやって来ました。
ANAマイレージは以前貯めてましたが、
とっくに期限切れで0マイルです…
他のマイレージも保持出来てません。
ANATAのマイレージは何マイルでしょうか?

前回店内満員御礼、
今回はリベンジで
営業時間の数分前の到着でしたが、
一番乗りとなりました。

オープンしたての時間でしたが、
個人店のようなルーズさや、
待たせる感じやドタバタ感は無く、
組織立ったピシっとビシッとした
気持ちの良い接客対応と料理提供は好印象です。

ネタ全般鮮度良好、
シャリがひんやりですが、
握りは安定して感じられます。

海苔が噛み切りにくく後残りします。

和の設えで雰囲気良く高級感が出ていますが、
もう少し料理のほうでもアベレージを
高くしたレベルにして欲しいと感じました。

ネタの内容からいって妥当な値段と感じましたが、
シンプルにお寿司だけのランチメニューが欲しいところです。

蕎麦は予想通りの良くあるタイプのもので、
熱々でも無いし、食感もつゆも標準仕様。
お寿司食べに来たので付いて無くていいと感じます。
お吸い物か味噌汁が好ましく思います。
専門店のクオリティーの美味しいそばなら嬉しいですが、
本当にお寿司についでの蕎麦って要らなく感じます。
結構この手の蕎麦のニーズが高いのでしょうか。

きんぴらごぼうは気持ち付いてきた一口の量で、
味が濃い目の酒の肴には丁度いい感じのものでした。
もう少し薄味のが欲しいところです。
正直蕎麦とこの小鉢無しでいい感じがします。

お寿司リスト

サーモン
帆立
烏賊
平目

海老
飛子
イクラ
玉子

最後のほうで食べた赤味は、
本マグロの美味しいのだとだいぶん印象が変わります。
筋がしっかりと入っているマグロで、
旨味や味の深みがもう少し欲しいところです。
マグロは比較的最後まで残しておいて
最後に食べる事が多いネタのお寿司です。

ヒラメやイカは、最初のほうで食べましたが、
イカには食べやすく切り込みが入っていて、
いずれも熟成はしていないタイプの握りでした。
集客力もある寿司処清平は、
ネタも滞ることなく高回転率で
新鮮なネタの提供が出来ているようです。

他のネタも鮮度が良いと感じますが、
やはりシャリはひんやりのお寿司でした。

シャリを挟み込んだ自家製らしいたまごは、
大きさがあって食べ応えを感じました。

カラフルなイロドリの細巻きは、
味やヘルシーさよりもビジュアル系と感じました。

お腹いっぱい系でボリュームはあるんですが、
高いセット物にも蕎麦がついてくるし、
寿司のみ5貫前後のセットがランチメニューにあると
そのニーズはそれなりにあると感じるのですが…
今回食べたおまかせ握りの
ランチセットのリピは無いです。

総合 3.3
味 3.2
サービス 3.3
雰囲気 3.5
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区北三条西1
札幌全日空ホテル B1F


☆☆☆次回予告編☆☆☆

バラチラシも気になるんですが、
これも蕎麦がセットでした。
握りだけのランチメニューがあれば
俄然興味が湧くところです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B82362839/

ナイトムード漂うイタリアンカフェバー ∴ カフェ ダイニング バー ガルバンゾ

f:id:DGD:20170313094847j:plain

おしぼりの渡し方は丁寧
水はレモン水

女性スタッフは感じ良く、
食べ終わってから男性スタッフが
いいタイミングで食器を下げるなど、
諸々接客面ではかなり良い面が見えましたが、
私語が結構遠いこちらの席まで聞こえて来ました。
若干の私語も別に普段は気になりませんが…

BGMはレゲエのリズム
雰囲気はイタリアンバルなオサレ感が出ています。

とある焼肉屋のランチやってる表記に惑わされ、
焼肉モードだったところを振られたので、
ここはやはり肉が食べたくて
ハンバーグステーキにしました。

結論から言うと、
ヴィクトリアステーション
大俵ハンバーグステーキの方が好みでした。

ネロンとした焼き方や、
後から焼き入れ出来ないのは厳しいです。

待っている間、
レンジのチンは2度ほど聞こえて来ました。

レンジアップしたらしいライスは、
炊き立てじゃ無いですが、
美味しい方でした。
が、
ミニフライパンに触れて焦げ付いて
黒くて硬くなった部位がありました。
整えて綺麗に盛り付けてありましたが、
不可食的な部位があると感じました。

手前のハンバーグを食べた時に
工業系な油の風味を感じました。
奥のは大丈夫でしたが、
半分にしたそれぞれの一面は、
結構焦げ付いて黒いのでした。
100%牛肉の旨味と共に、
馴染みにくい油の風味が気になりました。
中はねちょっと生の部位が残ってましたが、
琴似のコルテナに入っている牛亭で、
よくレアで頼んでいたハンバーグを
食べたときの事を思い出す食感です。

サラダは新鮮な葉物野菜とポテサラ
イタリアンを感じさせる葉菜類の感じと、
サラミが添えてあるところは結構いいです。
ポテトサラダは、
芋のコロコロとした質感が残っていて、
味もいいです。
サラダ全般美味しく食べました。

カプチーノなカップには、
コンソメ味のスープが入っていました。
飲んだときはまだ冷めていなくて、
味的にもいい塩梅で飲みやすかったです。

最初貸切常態でしたが、
後客が2名近くに座ります。
そんなに近くに来ないで欲しいと思いつつ
食事が終わるところだったので程なく退店しました。
ランチタイムは比較的すいているように感じました。
レジでは笑顔が素敵な女性スタッフに、
最後は好印象で店を後にすることが出来ました。

総合 3.0
味 2.9
サービス 3.2
雰囲気 3.4
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道札幌市南区澄川4条2丁目1番7号
第二ミウラビル 1F
カフェ ダイニング バー ガルバンゾ
(cafe dining bar GARBANZO)


☆☆☆次回予告編☆☆☆

雰囲気が良かったし、
テーブルで受けた接客と、
会計時の接客は好印象だったので、
生パスタも気になる感じで再訪はしてみたいです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B250124364/

ネタよし、シャリよし、雰囲気よし ∴ 鮨処 よし

『寿司よあなた 今でも今でも♪
 お昼はもう少しで 時間も終りですね♪』

ランチタイムも終る頃
よしいくぞう
と、
有名店上位ランキング二店に振られ、
以前からBMしていたよしへやってきました。
ランチタイムはかなりはずれていましたが、
先客が2名お任せを食べていました。

私はと言うと、
楓 3500円税別です。
全10貫、トロ、ホタテ、白身、
アワビ、ウニ、イクラ、ボタンエビ等
とありました。

f:id:DGD:20170310092211j:plain

鮨処よしのHPには、
紅葉という安い寿司メニューがありましたが、
実際には見当たりませんでした。
ぜん庵みたく外にでかでかと
看板出しといて無いよりはマシです。

現行メニューで一番安い握りのセットものでしたが、
強気な値段だけのお任せと、お決まり寿司や、
コース料理や丼ぶりのラインナップは、
やはりランチのお寿司としてはハードルが高いです。

ただ、観光客に高い値段で
適当に食べさせる感じではなくて、
ちゃんと美味しさを追求した先にあるものを
よしでは提供していると感じることが出来ました。

赤酢で口の中で解ける握りのシャリは、
程よいサイズで好みなんです。
シャリは常温くらいと感じました。

小樽の寿司店では、
ひんやりしたシャリばかりだったので、
シャリの感じはまだ好印象でした。
独自の黄金比率で作った赤酢のシャリは、
まろやかさとコクと旨みと甘みがあり、
それでいて、ネタとの調和もきちんと保って感じました。
手稲区のくるまや鮨鱗の赤酢のシャリを
アップグレードしたようなシャリです。
食べて回った小樽のお寿司のシャリの中では秀逸です。

そして、
ネタの方も満足度の高いレベルでした。
が、
やはり値段が高いと感じました。
しかし、
ネタのレベルも高いと感じます。
どの寿司もきっちりと本物の美味しさ実感!

ヒラマサ
身の締まりがあり上品な甘みと旨みが感じられます。
一貫目から美味しい握りに魅了されました。

f:id:DGD:20170310092222j:plain

トロ
蕩ける中に脂の旨味と甘みとが、
解けていく赤酢のシャリと融合して
極上の旨さを味わうことが出来ました。
高いランチでしたが、
ちゃんといいネタといい仕事してるのが
嬉しく美味しく満足度高めです。

帆立
回転寿司の圧倒的なボリュームのに比べ、
やはり大きさは控えめでしたが、
質の高さとちゃんと仕事したお寿司です。


何故か横に寝かせての提供でしたが、
ありのままの姿で写真に撮りました。
鮑はそのままで食べてもいい感じなんですが、
醤油が付け易く90度倒して置いてあったので、
醤油を付けて食べてみました。
歯応えしっかりコリコリで、
海幸の風味が口いっぱいに広がりました。
もう少しボリュームが欲しいところです。
何か言っていたようでしたが聞き取れず、
倒れた鮑の握りは今も気になりますw

ズワイ蟹
甘ダレとシャリとの相乗効果で美味しさ引き立ちます。
保存力強すぎるズワイとかに当たることも
ありますが、このズワイ蟹は美味いです。

f:id:DGD:20170310092242j:plain

牡丹海老
卵たっぷり乗せての提供です。
ぷりっぷりでねっとりまったり美味しいです。
大きさもあって食べ応えでも満足できました。

平目
しっとりとして淡白なひらめは、
もっちりとむっちょりともしてますが、
噛むほどに甘みがジワジワ感じられ美味しいです。

f:id:DGD:20170310092253j:plain

小樽産生鰊
蕩ける脂乗りの良さで小骨感はありますが、
鮮度の高さでクセの無い青魚の美味しさが楽しめました。
薬味もいい仕事してました。

イクラ
海苔もパリッと風味も良くて、
いくらのまろやかでコクのある味わいと共に、
赤酢のシャリで食べる軍艦は美味しく満足感が高かったです。

f:id:DGD:20170310092300j:plain

蝦夷馬糞雲丹
赤酢との融和もバランス感が高く、
すっきりとした甘みと雲丹のクリーミーさとコクと旨味とが、
程よく感じられ後を引く心地良い余韻が楽しめました。
すし処みや田で食べた蝦夷馬糞雲丹と
拮抗して感じる美味しさでした。

お吸い物にはとろろ昆布が入ってたようです。

店内は綺麗にされていて、完全禁煙が嬉しいです。

総合 3.8
味 3.9
サービス 3.3
雰囲気 3.7
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道小樽市色内1-10-9
車は店前に置けるようです。


☆☆☆次回予告編☆☆☆

いつかはコース料理天籟
その前におまかせ握りでしょうか。
先ずは一通り小樽の寿司店巡りが出来ればと思っています。
リピしたいいいお店でした。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B105236992/

観光価格と観光仕様と諸々 ∴ おたる政寿司 ぜん庵

f:id:DGD:20170310090951j:plain

思っていたものと現実は、
『遠く遠く』…
槇原敬之チックになりました。

『遠く遠く離れていても♪
寿司のことがわかるように♪
力いっぱい 輝ける日を♪
この街で迎えたい♪』

想像していた事との温度差を激しく感じました。
カウンターでと思ったら、
空いているカウンターでは無くて、
小樽運河が見える窓側に案内されました。

これはこれで、
割と景色を楽しみながらのお寿司は、
札幌市北区新琴似にある善友寿し(寿司)
のような感じの景観を楽しめていいですね。

完全禁煙スタイルなのと、
駐車場完備でなかなかいいと思う面もありました。

海外からの観光客が多いとも感じる店内では、
割とマナーは良い客層かなと感じました。

コードレスチャイムの呼び鈴とかが、
何となくファミレスっぽくも感じられますが…

『ぎこちない食べる姿も♪
今ではわりと似合うんだ♪
メニューも上手く選べる♪』
と思ったら、
外に看板出している
旬の五貫が無いって、
理由ぐらい言いなさいって。
他にも言いたいことはありますし…

しょうがないので、
貫数が少なくても高い
極・きわみ 3500円にしました。
(他のを提案されましたがやだしw)

クーポンでイクラサービスです。
小樽の寿司店ではよく見るシステムですが、
元々高く設定した価格だから出来るサービスでしょう。

年配女性店員の2名は無表情+α
隣国の大陸で体験した多くの接客に比べて、
まだまだマシなほうですが、
相当改善点はあるかと…(ドウシテコウナッタ
男性の年配の黒服的な方はまだ感じいいですが、
はっきり言って、
一番愛想が良くて感じがいいのは、、、
私でした(爆
コレマジです。

いい点は、
繰り返しになりますが、
駐車場完備で禁煙で税込表示価格な事でした。

雲丹は癖は少なくコクも感じられ美味しいですが、
雲丹の風味とシャリの酢の味が拮抗していました。
でも、
一部のシャリは何だか残念!

大トロはコクと旨味の奥行きと、
蕩ける食感が欲しいところでした。
口の中で暫く筋残りします。
でもトロ自体は美味しい方でした。

牡丹海老は大きめで美味しそうに見えますが、
長期保存に向いたやり方なのか薬臭いんです。
食中毒対策なんでしょうか。

ここら辺からやれやれだぜ
と、
ジョジョに思い始めました。

イクラは味自体は美味しいのに
馴染まない風味も付いて来ていました。
どんな食材管理をしているのでしょうか。
兄貴よりも酷いです。
長持ちするんでしょうか。
イクラ被りでしたが、
親切な指摘も無ければ
馴染まない風味に2貫分以上の
イクラのボリュームは食べづらく…
いくら何でもこんな感じとは想定してませんですし…
3500円のものからはかなり乖離した現実。

シャリの一部は写真でも見てとれる粒揃いの感じが…

このセットには、
よくあるお吸い物が付いて来ました。
乾物使ってますがこれは飲めます。

値段がお寿司のクオリティの高さに
追いついていない感じがイケマセン!
広告費をかけて集客力には力を入れていて、
立地条件最強の量産型本格寿司といった感じで、
団体、主に隣国の観光客向け仕様カモ?

イメージしていたのとはかけ離れて感じました。

小樽のすしざんまいといい、
おたる政寿司 ぜん庵といい、
こういうやり方なんですね。
"感動の美味しいおもてなし"
そんなキャッチフレーズが虚しく見えます。

総合 2.4
味 1.8
サービス 2.5
雰囲気 3.3
コスパ 2.9
ドリンク -

所在地
北海道小樽市色内1-2-1


☆☆☆次回予告編☆☆☆

ネームバリューも食材も泣いてますって
次は本店行きますし…
夏は行きません。

『どんなに高いメニューからも♪
見えない僕のなっとく♪
失くしちゃだめなことを♪
いつでも胸に抱きしめててほしい♪
遠く遠く離れた街で♪
元気に暮らせているんだ♪
大事なのは“変わってくこと"♪
“変わらずにいること"♪』

参照・引用
曲:遠く遠く
歌:槇原敬之
作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B249310532/

味は心が作るもの ∴ 雅叙園

f:id:DGD:20170309165441j:plain

“厚岸、仙凰祉の直送の小樽唯一のかき専門店で、
一年中とれたての活牡蠣が食べられる小樽唯一の店”
と、
ぐるなびには載っていました。

地産地消の緑提灯5つ星です。

板前歴約50年。

個人店が陥り易い店内の状況は、
ビシッと整然としていたら
印象はかなり変わるのに
勿体無いと感じました。
そして少し暗く感じる店内の雰囲気でした。

シャリはななつぼしを使用しているらしいです。

蝦夷前とありましたが、
実際には熟成が入っていて、
ネタはひと手間かけていて、
シャリとの一体感がある握りでした。
兄貴に感じないギリギリのラインなのか
変な熟成臭は感じられませんでした。

食べログクーポンでイクラ握りサービスと、
一貫サービスは札幌では馴染みが無いので、
小樽ならではのサービスでしょうか。

ちょっと寿司店密集地帯よりも離れた場所で、
観光客よりも地元客が多く利用するのではないか
とも感じられましたが、
やはりここを目指して食べにくる観光客もいる感じでした。

連食にて、やや少なめに食べようかと、
他の店では見かけ無いちょっと魅惑の
かきの握り寿司(4貫)に惹かれるも、
やはり色々な種類が食べれる方がいいかと、
月握り (生握り6貫)汁物・デザート付き
にしました。

3、4貫セットがあれば嬉しいのですが、
お好みだととんでも無く一貫あたりの値段が
高く見えてしまったので、お好みはやめました。

銘木の仙ノ木で設えたカウンター席には、
8席座れるように見えましたが、
実際は9席あるようでした。
2階は宴会エリアのようです。

お寿司は飾り切りも施され
見た目にも楽しめる感じで、
クルンとシャリに巻かさってました。
特にツブの握りが秀逸です。

お吸い物は、魚のアラが入っていて、
それ自体も美味しいけど汁が美味いです。

鮮度命の光物もツブも美味しいです。
ネタの味わいは割といい感じでしたが、
シャリはちょとひんやり仕様です。

カステラ風玉子焼きの美味しそうな玉は、
しっとりというよりもジュクっとしていて、
ちょっと水気が多く感じました。
時間経っちゃった感じでしょうか…

総合 3.3
味 3.3
サービス 3.3
雰囲気 3.2
コスパ 3.1
ドリンク -

所在地
北海道小樽市花園3-9-19


☆☆☆次回予告編☆☆☆

小樽寿司ランチ放浪記続きます…

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B248332920/

偶々とかそういうのじゃ無いでしょうに ∴ 鮨まるやま

店内軽くジャズなんか流れていて、
オシャレ感と清潔感は感じました。

f:id:DGD:20170308172926j:plain


コスパは小樽ならではのステイタスな店が多い中、
やはり此方も観光客ターゲットに感じたメニューで、
握りメニューで丁度真ん中の船見セットにしました。
こちら蝦蛄が入ってますが実際食べてみて、
平均値よりも割高なお寿司と感じました。
札幌での寿司ランチと比べて
内容が違うかと期待しましたが、
手間をかけた仕事をしてる握りには感じられず、
観光価格なイメージは拭えませんでした。
他のお店も見て回りましたが、
ランチメニューのリーズナブルな料金のメニューは、
店外からは見えませんでした。
観光価格のイメージが払拭出来るお店は、
幾つか食べログで見つけましたが、
実際に行ったらどうなのか気になるところです。

食べた感想の一部以下記載


烏賊
初っ端から、兄貴ですし。
大変イカんに思います。
生きが良すぎても硬くて甘みが無かったりしますが、
柔らかくてもこれは臭みが気になってしまいました。
初っ端からこれはイカがなものかと…
イカほど〜〜!


筋多いですし。
烏賊ほどに熟成してませんが、
寧ろもう少し熟成してもいいくらいですし。
筋残りしますが、美味しさは感じる赤身でした。

トビッコ
やっぱりあのゴムゴムした風味ですし。
そういうのが多いんです。
だからあまり好んでは食べません。

サーモン
何だかバラけてますし。
脂乗りを感じ、甘みもあるし
味は安定した美味しさでした。

蝦蛄
シャリが見えている握りですし。
楽しみにしていた蝦蛄は、
ちょっと小さめでハーフカットでしょうか。
味、食感共に良く、子持ちでしたが、
シャリが見えるビジュアルで、
千切れて形が崩れたの出してますし、
握り全般完成度は写真で分かる通りです。

シャリはヒンヤリ解ける感じはなくて、
たまにコロッとした固まった食感がありました。
炊き立てでは無いようですし。
好みとかの話ではない感じもしました。

お吸い物は至ってシンプルな内容でしたが、
椎茸が乾燥と分かる食感でしたが、
ギリギリ食べやすくなった戻され加減で、
夜一番いい状態かもです。

これが3000円越えのメニューを頼んでいたら、
或いは違うシチュエーションだったら
結果は違っていたのでしょうか。
いずれにしても、
値段の割にはちょっと残念な結果となりました。

店内席数は、カウンター6席、
掘り炬燵4人テーブル×3卓

総合 3.0
味 3.0
サービス 3.2
雰囲気 3.5
コスパ 2.8
ドリンク -

所在地
北海道小樽市色内1-13-1


☆☆☆次回予告編☆☆☆

頻繁に来れない小樽市内ですが、
一巡したらまた再訪はしてみようかと思います。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B248319718/