読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

コープヌードル食べた結果 ∴ コープさっぽろ 二十四軒店

f:id:DGD:20170126091853j:plain

2016年、年末から2017年の年始にかけて、
コープさっぽろ 二十四軒店に随分通いました。
利便性がいいのでついつい行ってしまいます。

すき焼きですが、飛騨牛最上級品(5等級)
牛肩ロース薄切りと道内産のいいロース肉などを買って食べ比べしました。
牛なんですが、柔らかウマウマでした。

シャブシャブは、牛タンと牛肩いずれも
オーストラリア産でしたが、硬くならず、
柔らかサクサクで中々美味しかったです。

まあ…
そこらへんの話は別にいいですね。

本題は、コープヌードルです。
コープのおすすめ1番。
とあり、
イチオシする?
と、
思いましたが、
やはりコープがイチオシする商品、
コープ限定商品となれば、
一度試してみたくなりました。

コープヌードルは、全6種類のラインナップで、
しょうゆ、シーフード、カレー、とんこつ、
海鮮キムチ、香味ねぎみそ、と、六味でした。

一度に全部試すとゴッチャになるので、
2味づつ試してみることにします。

コープヌードルに共通している項目は、
科学の力で味付けしてますが、
まずいラーメン屋のよりまだ食べれるかと。

課長さんには旧年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いしますと、
課長じゃなくて、化調さんにあいさつしつつ、
今回は、
全種食べてませんがシーフードとしょうゆ食べました。
あのふわクシュッとした、
たまごみたいな黄色い物体入りです。

f:id:DGD:20170126091844j:plain


しょうゆのほうには、
海老や加工品のふわたまごなどよりも気になるものが…
そうです、あの謎肉らしき物体が!
味も日清食品カップヌードルに入っている
正式名称?『ダイスミンチ』によく似てます。
いや!!!!!?
蓋見たら、日新食品の滋賀工場で作ってるし。。。

道理で食べ馴染んだような味がするはずです。
コープヌードルの蓋見たら、
どうやらポークエキスが共通項のようです。
そして、チキンエキスが入ってるのもありました。

シーフードとしょうゆを同時に作ったので、
やはり時間が経つとのびる麺だと実感です。
のびると増えるわかめちゃんみたく増量して、
ふやふやっとした食感になります。
のびないほうがいいですが、
このふやっとスープを吸って膨らんだ麺も
スープの味が含まさるので嫌いではありません。

蓋を見ると色々分かることがありました。
分からないことも色々ありますが…
あの黄色いたまごらしき物体は、
味付卵と書いてありました。
今まで知りませんでした。
勉強になります!

具のことは、かやくというのも蓋を見て
思い出しましたが、
かやくは、味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、
にんじん、ねぎ、とこれらが入っていました。
ダイスミンチは、味付豚ミンチと同じなのか、
コープ用にちょっと違うのか分かりませんが、
日清カップヌードルとかなり近い商品だと感じました。
塩分は完全一致のグラム数で、ボリュームとカロリーと、
値段のほうは、日清カップヌードルのほうが高いです。
それにしても完全イコールではないんでしょうが、
もうほとんど日清カップヌードルなんですよね…

f:id:DGD:20170126091815j:plain


シーフードは、時折生姜の味が感じられます。
ドライフリーズした紅生姜らしきものが入ってました。
成分やかやくを見てみると、特に生姜表記はありませんが、
コレがしょうが無いということになると、
それはそれでとても気になりますが、
そんなしょうがないことに拘っててもきりが無いので、
グーグル先生に尋ねググるのもほどほどにしときます。

カニカマ入りで、かやくに魚肉練り製品とあるのがコレでしょうか。
イカとキャベツ、ねぎ、味付卵も入ってました。
シーフードなので、こっちに海老入ってればいいのに
と思うのは自分だけでしょうか。
そしてやはりスープはしょうゆより良かったです。
シーフードも、『カップヌードル シーフードヌードル』
と、酷似して感じられました。
昔良く馴染んだ味です。
日清のカップヌードルでも最も食べたのが、
シーフードヌードルだったので、
当時の思い出が色々とよみがえる味でもあります。
あの頃は、
日清食品の有名商品の赤い狐と緑の狸にも大変お世話になりました。
そしてあのどん兵衛のCM好きですね~

このコープヌードルは、
販売を始めてから既に23年経っているようで、
製造元本家よりもリーズナブルなところが大変魅力的でした。
それにしても舌に残るあの感覚と、喉の渇くことは、
スープを半分以上残してもおきるのは、
カチョウさんのおかげでしょうか。
しかしながら、不思議とたまに食べたくなるのが
このカップめんの魅力 <<< 中毒性なんですよね…

そして、コープオリジナル商品の餃子
『コープの水・油要らずパリッとジューシーな餃子』
国産の豚肉と、鶏肉、ニラやキャベツ、
生姜、ニンニクと全て国産なのです。
オール国産が期待されるところですが、
小麦粉だけは、アメリカ等とコストを抑えてます。

餃子の皮はパリッと仕上がり、
好みの仕上がりにして食べると
結構美味しい餃子でした。

どらやき
COOP SAPPOROともりもとが、
共同購入ならぬ共同開発?もりもとに
OEMで作ってもらった商品なようで、
コープの卵、黄金そだちが使われています。
えりも小豆や支笏湖の伏流水が使われていて、
パッケージ裏側を見ると、
さすがもりもとが作っただけある
クオリティーの高さが見てとれます。
しかも、食べたらこのどら焼き美味しいです。
特に小豆の粒感と味の良さが際立って感じました。
コープの隠れた逸品ですね。

生活協同組合のコープオリジナル商品は、
コープクオリティというブランド名で、
地域で色々異なった商品があるようです。
ブランドでははないものは、
レギュラー商品と位置づけられているようで、
食品以外もあるのですが、
食品ジャンルには、
国産素材、健康配慮、産地指定、
といったマークが付いているものでした。
それらのほとんどは買った事が無いものなので、
そのうち買うこともあるかも知れません。


☆☆☆次回予告編☆☆☆

共食

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B234466324/