読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

一貫一貫真心で握り本物を供する ∴ 寿司 懐石処 光

f:id:DGD:20170130092049j:plain

円山において老練卓越の腕を持つ巨匠ここにあり
握りの一貫、一貫が、光輝いて感じられました。

かっちりでは無い細かいアラをリカバリーする
ホスピタリティの高さが実感出来る大将の人柄
すばらしい人物と感じられました。

60年以上この円山の場所で握り続け、
そして、
昼も夜も板場で立ち続けるバイタリティと、
幾つかの無作法所作にも大らかで柔らかな対応で、
大将の経験値と年季には大いに感服しました。

人当たりの良さと話しやすさとにこやかさは、
気になる点がありつつも素晴らしく、
ほろっと口の中で解ける優しい握り
ネタの一つ一つの上質さと、
握りの完成度の高さが感じられました。

使っている食材素材の良さが実感出来ます。
すっきり甘く苦味の無い熱々の緑茶。
いいお茶出されていると感じます。
パリッとした風味の最高な海苔と、
美味しく質のいいガリと上質さで、
安心感と安定した良さを実感しました。

これらは当たり前に出来てるようで
出来ていないお寿司屋さんが多いです。
本当です!
そして、
変に熟成しちゃってるものとか、
兄貴出したいのも分かりますが、
そうして負のスパイラルに陥ります。
更には、
なんとなくマイナスオーラを感じたりと、
ランチやっているお寿司屋さんには
頑張って欲しいところですが、
年々やめて減っていく様子が想像出来ます。

こちら、寿司 懐石処 光は、
他店よりも明らかに割高ですが、
それだけの雰囲気や価値感、
醸し出されるオーラも出ています。

お店の造りはかなり金かけてます。
が、
それ以外の所がもっと大事です。
思った以上にいいお店でした。

高級感のある中でも、
肩肘張らずにゆったりした気持ちで
お寿司を食べることが出来ました。
これは偏に大将持ち前の
キャラによるものと感じられました。

特上生寿司
注文すると、それが一番お得な注文方法と言われました。
正直ほっとします。

全10貫、一貫、一貫洗練された握りです。

にこやかに色々と話しかけてくれるので、
緊張の糸が解れていくのが分かります。

シャリは風味良くさすがに美味いです。
炊き加減も、硬さや握り加減など、いいシャリです。

北寄
プリッと食感の良さと甘くて美味い肉厚な北寄でした。
柔らかくそして、旨味の感じられるホッキです。

f:id:DGD:20170130092357j:plain

本鮪赤身
赤身本来の旨さが引き出された仕事した
赤身の美味しさが実感出来ました。

牡丹海老
ぷりっと大きくて美味しくて、
食べ応えがありました。

平目
さっぱりとした平目はネッタリと美味しく、
身はヘタっておらずしまりがあって、
水っぽさも無くてしっとり美味いのです。
いい状態のネタとシャリの組み合わせでした。

ずわい蟹
パッケージものの様にも感じられましたが、
作り手によりやはりおいしく
仕上がって感じられるものです。
カニの握りは色々添加されてそうですが、
やはりカニ特有の旨味は堪らない美味しさなのです。

間八
東京湾産天然物だそうで、
サクサクでもコリコリでもなくて、
いい歯応えでプリプリで味の良いカンパチでした。

帆立
手で千切ることで更に甘みが増すという。
肉厚で申し分ない美味しさでした。

イクラ
イクラだけ少しハムっと食べます。
薄皮のイクラはプッッと直ぐに弾けて
イクラの皮が気にならない仕上がりです。
味も濃すぎないのでいくらのコクと
美味さが損なわれず良い仕上がりでした。
海苔の皮がパリッと
香ばしくすら感じられ美味しいです。

雲丹
モリモリ盛ってます!
始めに上のウニだけ食べます。
蕩けるクリーミーさとコクと甘味が、
しっかり感じられます。
上品な甘い余韻が長く続きます。
もちろん海苔はパリッと美味しいのです。

いくらとウニの食べさせ方は、
なかなか心憎いものがあり、いいですね~

数の子
粒々がパリパリ〜♪
ずっとパリパリしてました。
これは美味いし、一足お先に正月気分になれました。
めでたい感じのする数の子でした(個人の感想です)

最後に柑橘系果物で〆となりました。

全体的に男性の一食分にやや少なめですが、
腹八分目的健康分量でしょうか。
こちらの握りは、お腹が満たされるのではなくて、
心身が満たされるのではないかと感じられました。

合う合わないはあると思いますが、
大将の人柄と、握りの良さ、
お店の設え等、色々聞きながら
食べて聞いて満たされました。
そして、また来たいと思うのでした。
ここは確かな円山の名店です。

店内の席は、カウンター7席、
小上がりは、4人テーブル2卓、
入口が別の離れが有ります。

総合 4.0
味 4.0
サービス 4.1
雰囲気 4.0
コスパ 3.0
ドリンク 4.0

住所
北海道札幌市中央区北3条西22丁目2-18
駐車場数台停められます。

☆☆☆次回予告編☆☆☆

また食べに行くのが楽しみです☆

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B235603496/