読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

親しみやすく感じのいい大将といい空間といい御寿司 ∴ 鮨 章

f:id:DGD:20170209091619j:plain

お寿司。それは海の幸と、
大地の恵みを組み合わせた至高の食べ物。

近海や世界の海からの魚介類のネタと、
日本の主食の米であるシャリとの競演を
楽しみながら味わう日本伝統の料理。
今宵はここ鮨章にて堪能しました。

エレベーターから降りると
そこはもうお店でした。
ありがちなジャズがBGMでしたが、
個人的には落ち着く感じがします。

ビシッと清潔な店内は、
凛とした高級感も醸し出されていて、
カウンターと個室共に喫煙可能でした。

この日早い時間で来たからなのか
貸切状態だったこともあって、
かなり居心地が良く感じられました。

お寿司の握りセットが、
仁(jin)10貫3,000円
章(sho)10貫3,800円
おまかせ3貫1,000円
おまかせ5貫1,600円
おまかせ7貫2,150円
とあり、この後飲み会だったので、
おまかせ3貫だけにしました。

鮪赤身
ソイ
雲丹

握りには、
一工夫を感じさせる見た目にも楽しめる仕上がりがGood。
お寿司は3貫共に美味しくて、
日本酒もより美味しさをUPして感じることが出来ました。

シャリはズシッとやや重めな感じで、
粘りのある米のタイプと感じました。

ツメを塗った鮪は、旨味がしっかり引き出されて感じ、
柔らか美味い食感と、鮪特有の旨さをじっくりと味わいました。

f:id:DGD:20170209092219j:plain

ソイは昆布塩の味の他にもソイ自体に昆布の風味を感じましたが、
昆布締めでは無いおぼろ昆布を仕込んでいるソイの握りでした。
もっちりして噛むほどにジワ~っと来る味わいがあり、
ほんのり甘みと塩味と脂と昆布の味が織り交ざった
日本酒とよく合う風味が心地良く感じられました。

f:id:DGD:20170209092237j:plain

雲丹は竹炭塩がシャリッとして、
竹炭の香ばしさと融合した雲丹の風味がしてきますが、
塩の味で雲丹の甘みがより増して感じ、
とろける食感と甘みとコクのある風味が
長く続いて美味しさの余韻に浸れました。

f:id:DGD:20170209092257j:plain

握り寿司は情報もご馳走です。
産地或いは拘りなどが聞けると、
それに思いを馳せながらもっと楽しめます。

お通しは、モチモチプニプニのたちかまで、
なめらかな食感と弾力が愉しめて、
濃厚で美味いたちかまでした。

ドリンクは、
始めに生ビール
アサヒドライプレミアム豊穣でした。
美味いです。
そして、コクのある美味い田酒も飲みました。

こちら鮨章の大将塩﨑さんは、
すし善直系のすすきのにあるすし乃ふじ田出身のようです。
笑顔で人当たりよく、物腰柔らかく話しやすい方でした。

鮨章店内は、
カウンター8席、個室2部屋(個室最大10名)
接待にも良さそうな完全個室でした。

総合 4.0
味 4.1
サービス 3.8
雰囲気 4.2
コスパ 3.3
ドリンク 4.5

所在地
北海道札幌市中央区南3条西6
インフィニ桂和22 7F


☆☆☆次回予告編☆☆☆

次回はコースでの利用をしてみたいものです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B244328880/