読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

知床ではまだましな食堂

車を降りてトロトロ歩いてウロウロしてたらこんなん出ましたけどー。
ウトロ漁協婦人部食堂です。
漁港すぐの食堂でした。
かもめ~がとんだ~といいつつ店内へと入ります。
この当時、ここら辺をぐるぐるお店を探してさまよいましたが、
知床なのにこちらのエリアでは、
ランチに海鮮が食べられるお店が少ない気がします。(当時の記憶と記録による)
そして値段が高くて、居心地良く食べれません。
観光客価格でしょうか。
まずはじめに、ここはホスピタリティの面ではなってませんでした。
接客はそつなくこなしてますが、無表情さと感じの良さが感じられずその時点で食事が美味しく食べれないと予感しました。
若い頃はざぞ美人であったであろう漁師の奥さんの目は冷たくさえ感じられましたが、それは思い込みということで。
連れと二人で、焼き魚と海鮮丼をシェアして食べました。
気持ちがこもっていない料理はどんな味になるでしょう。
なんでこんなに感じ悪いのかなとそれが一番記憶に残りました。
海鮮丼は、いくらとウニで、たっぷりのいくらは上質に感じられましたが、何だか物足りなく感じました。
ウニは甘みがあっておそらく質が良かったんです。
実際はホッケが大きくて、脂乗り良く身はふっくらでご飯に良く合う質のいいものだったんですが、
空気感とか目に見えるものとは違うものがちょっとここは良く感じられませんでした。
そんなの気にしない人、感じない人にとっては海の幸が美味しく食べれると思います。
良質な海の幸が仕入れられるのに流行らせようとする商売っ気の無い無愛想な定食屋です。