読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

メロリンな感動完飲の一杯! ∴ Q

時間をかけて紡ぎだされた滋養の詰まった濃密なスープ
濃密うるみ汁
オールインワンリッチ汁

f:id:DGD:20170426092719j:plain


Qだけに旨味濃度がQ極です。

クリーミーでねっとりと感じるほど濃厚で、
スープはあまり完飲しませんが、
Qの塩白湯スープは飲み干しました。
兎に角うまさが突き抜けて感じるスープです。
もっと飲みたくなります。
思い出すとまた飲みたくなります。
中毒になります。
と言いつつ、
まだ一度しか行ってませんが…

麺は、
つるつるの一声

きしめんっぽいんです。
小麦の風味が豊かで、
これはMEN-EIJI HIRAGISHI BASEともまた違う小麦力
この手の麺はかなり好きなタイプです。

極上なクリームスープパスタを食べたような気分にもなります。

酉年だけに、トリコになるような鶏チャーシュー
黒胡椒の風味が効いていて、
しっとりムチムチ美味しい食感です。

低温調理でレアにしっとり柔らか仕上げをした
極旨肉な豚ロースのチャーシュー!
ハムハムと3枚くらいまとめて食べたくなります。

ビジュアル的には黄金色に輝くスープの中に、
青々とした葱、赤い糸唐辛子が映えるし、
チャーシューの2段構えがまた素敵でした。
盛り付けや見た目も美味しそうに見えるのです。

そして、女性スタッフの接客もマブイ!

時代の趨勢でしょうか。
オーソドックスな札幌麺以外の
ラーメンの麺の多様化と新しいスタイル。

かつてはラーメン専門店以外は
大したことが無いと思ったりもしてましたが、
夜は焼鳥で昼はラーメン店といった実力店のQが凄い!
二毛作的な営業スタイルでもラーメンへの妥協無く
美味しさを極め追求する姿勢と
ラーメンの完成度が凄い事になっています。

これからますます進化していくのではないかと
不思議な期待と満足感を感じつつ店を後にしたのでした。

総合 4.5
味 4.5
サービス 3.4
雰囲気 3.5
コスパ 3.5
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区北一条西2-1-3
りんどうビル B1F
Q (キュウ)


☆☆☆次回予告編☆☆☆

急にQに行きたくなる衝動に最近襲われます。
車で行くのには少々難易度が高い場所ですが、
それでも再訪したい度が高いラーメン店です。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B250337816/