読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

メロリンな感動完飲の一杯! ∴ Q

時間をかけて紡ぎだされた滋養の詰まった濃密なスープ
濃密うるみ汁
オールインワンリッチ汁

f:id:DGD:20170426092719j:plain


Qだけに旨味濃度がQ極です。

クリーミーでねっとりと感じるほど濃厚で、
スープはあまり完飲しませんが、
Qの塩白湯スープは飲み干しました。
兎に角うまさが突き抜けて感じるスープです。
もっと飲みたくなります。
思い出すとまた飲みたくなります。
中毒になります。
と言いつつ、
まだ一度しか行ってませんが…

麺は、
つるつるの一声

きしめんっぽいんです。
小麦の風味が豊かで、
これはMEN-EIJI HIRAGISHI BASEともまた違う小麦力
この手の麺はかなり好きなタイプです。

極上なクリームスープパスタを食べたような気分にもなります。

酉年だけに、トリコになるような鶏チャーシュー
黒胡椒の風味が効いていて、
しっとりムチムチ美味しい食感です。

低温調理でレアにしっとり柔らか仕上げをした
極旨肉な豚ロースのチャーシュー!
ハムハムと3枚くらいまとめて食べたくなります。

ビジュアル的には黄金色に輝くスープの中に、
青々とした葱、赤い糸唐辛子が映えるし、
チャーシューの2段構えがまた素敵でした。
盛り付けや見た目も美味しそうに見えるのです。

そして、女性スタッフの接客もマブイ!

時代の趨勢でしょうか。
オーソドックスな札幌麺以外の
ラーメンの麺の多様化と新しいスタイル。

かつてはラーメン専門店以外は
大したことが無いと思ったりもしてましたが、
夜は焼鳥で昼はラーメン店といった実力店のQが凄い!
二毛作的な営業スタイルでもラーメンへの妥協無く
美味しさを極め追求する姿勢と
ラーメンの完成度が凄い事になっています。

これからますます進化していくのではないかと
不思議な期待と満足感を感じつつ店を後にしたのでした。

総合 4.5
味 4.5
サービス 3.4
雰囲気 3.5
コスパ 3.5
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区北一条西2-1-3
りんどうビル B1F
Q (キュウ)


☆☆☆次回予告編☆☆☆

急にQに行きたくなる衝動に最近襲われます。
車で行くのには少々難易度が高い場所ですが、
それでも再訪したい度が高いラーメン店です。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B250337816/

開いてて良かった♪ ∴ すき家 札幌桑園店

f:id:DGD:20170426091824j:plain

タレと肉が美味いと感じました。
何気にご飯も美味しさを実感しました。

とある日の朝早くから仕事があり、
手早く済ませる通し営業が便利な
すき家へと駆け込みました。

いつでも営業している点が魅力です。

画一化されているはずの吉野家でも
店舗によるかなりの差異を感じましたが、
そう言った点でも、すき家松屋なか卯と、
どのチェーン店がいいか比較は出来ないところです。

すき家比較出来るほど何店舗か言った事も無いので
味についての詳細比較分析には限界がありましたが、
思ったよりも肉は柔らかく噛み切れるし、
しつこいグニグニとかグギッとは感じませんでした。

肉の旨味とつゆとの味わいもいい感じです。

総合 3.3
味 3.3
サービス 3.2
雰囲気 3.0
コスパ 3.5
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区北11条西20-1-10
すき家 札幌桑園店


☆☆☆次回予告編☆☆☆

24時間戦えますか?

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B249894057/

主食として ∴ モンタボー 札幌西町店

f:id:DGD:20170426091507j:plain

主食で数種類のパンを食べてから
スコーンも買おうかと思いましたが、
試食で満足してしまいました。
スコーンは次回買うことにします。

カリフォルニアレーズン食パン
クロワッサン生地なので、トーストすると
サクサク食感に中はしっとりしています。
そして、
レーズンの食感と甘みと酸味が美味しいです。
やはりレーズン入りはたまに食べたくなります。
主食のパンとして重宝します。

総合 3.3
味 3.3
サービス 3.4
雰囲気 3.3
コスパ 3.5
ドリンク -

所在地
北海道札幌市西区西町南6-1-1
西友西町店 1F
モンタボー 札幌西町店
(Mont-Thabor)


☆☆☆次回予告編☆☆☆

次はどのパン買うかと考えるのも楽しいです♪

本当にひとくちでした ∴ 入船堂本店

f:id:DGD:20170426091308j:plain

ひとくちという商品でした。
プチサイズの草加煎餅です。
可愛らしく食べやすい大きさにしました。
醤油、胡麻、海老、青のり、ざらめ、唐辛子
の6種類でした。

薄いので嚙み砕きやすくて
カリカリパリポリといった食感で、
せんべいとしては定番な6種の味が楽しめました。

総合 3.0
味 3.0
サービス -
雰囲気 -
コスパ -
ドリンク -

所在地
東京都中央区銀座1-8-2
入船堂本店


☆☆☆次回予告編☆☆☆

本堅焼の草加煎餅食べたくなりました。

濃厚な魚介の風味 ∴ 【CURRY SHOP】円山教授。

f:id:DGD:20170426091124j:plain

あのビジュアルに魅了された
エッグドフロマージュと随分迷いました。
そして、人気NO1の浜カレーを選択。

濃厚な魚介の風味がブワッと感じる
海の幸がたっぷり溶け込んでいる
旨味とコクの深みがあるルーカレーでした。
それでいて穏やかさと優しさを感じます。
クロックのとはまた違う濃厚さでした。

まさに浜カレーを実感です。

値段的には、
頻繁にリピ出来る価格では無いと感じますが、
ここにしか無い独自なものを持った
ルーカレーの有名店となりそうに感じました。

お店の意向を踏まえて味と総合評価は
3.0と実際に付ける点数は控えました。
実際は、ウマウマなルーカレーに満足出来ましたし、
烏賊や帆立やパリパリに仕上がった海老など、
実に魅力的で美味しい具材も際立って良いと感じました。

一歩前に踏み出した感じで、
人柄の良さも出ていると思える
お姉さんの接客が光ってました。

総合 3.6
味 3.6
サービス 3.4
雰囲気 3.5
コスパ 3.1
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区南4条西21-1-27
第5籐栄ビル
【CURRY SHOP】円山教授。


☆☆☆次回予告編☆☆☆

しびれ鶏も気になってますが、
エッグドフロマージュが食べたいのです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B255703595/

シエスタイムで寿司イズム ∴ 鮨処 なごやか亭 イオンモール札幌発寒店

活〆縞鯵
たこの桜煮
本鮪赤身
春活ホッキひも軍艦
炙りえんがわ

f:id:DGD:20170424094732j:plain


シマアジはプリッと鮮度抜群で、
クセも感じず食べやすいです。
厚みがあって食べ応えがある大きさの
美味しいシマアジの握りでした。

f:id:DGD:20170424094741j:plain


蛸桜煮だけシャリが暫くの間皿にあった感じでした。
柔らかな仕上がりでしたが、
ちょっと元味がしっかり目で味は濃くて、
桜煮じゃない生の方が良かったかもです。
後皿に刀傷らしき線がガッツリ入ってました。

それ以外はネタも美味しく、
海苔はパリパリでシャリも美味いです。

f:id:DGD:20170424094750j:plain


北寄紐は新鮮な味わいで美味いです。
コリコリサクサクな食感が楽しめました。
やや手を加えて加工してる感じでした。

f:id:DGD:20170424094759j:plain


本鮪赤身は、
柔らかなに身に旨味を纏ってますが、
もう少し味が濃いと嬉しいですね。

f:id:DGD:20170424094806j:plain


炙って香ばしくなったエンガワは、
食べるとジュワ〜っとオイリーな旨味が
口中に広がり醤油との相性もいいですが、
塩ともかなりマッチングする味わいです。

忙しい時間を過ぎたアイドリングタイムは快適でした。
東区の某トリトン札幌伏古店みたくダレてないし
スタッフはちゃんとしていて、
凛とした雰囲気では無くも居心地はまあまあで、
シャンとしてました。

理想はチャンリンシャン

総合 3.3
味 3.3
サービス 3.3
雰囲気 3.3
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道札幌市西区発寒八条12丁目1-1
イオンモール札幌発寒 1F
鮨処 なごやか亭 イオンモール札幌発寒店


☆☆☆次回予告編☆☆☆

空いているタイミングでまた来てみます。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B86594101/

にんげんだもの ∴ ハロー キティ ジャパン 新千歳空港店 (Hello Kitty Japan)

f:id:DGD:20170424093103j:plain

かつて衝撃の事実を知ってから早数年。
ようやく落ち着いたところで再びやって来ました。

今回はなとりで作ったチーズで、
ハローキティとのコラボ商品です。

ほぼ書き上げたところで、
また書いたのがほぼ消えたし…
アプリスク
これまでに何万文字が、
虚空へ消えて行ったことでしょう…

おつまみチーズは、
ねっちりしていて不思議食感でした。
結構添加展開していて好みには
合わない配合だったようです。
スライスチーズやクリームチーズなど、
純粋なチーズ以外でも
好んで食べているチーズもありましたが、
これはビールやお酒に合うんですが、
消費には時間がかかりました。

子供向けかと思いきや、
一個しか減らず後は全部自分が食べました。


総合 3.0
味 3.0
サービス 3.3
雰囲気 3.3
コスパ 3.0
ドリンク -

所在地
北海道千歳市美々987
ハロー キティ ジャパン 新千歳空港
(Hello Kitty Japan)

☆☆☆次回予告編☆☆☆

イギリス人だもの