DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

黄身の生 ∴ 軽食喫茶M

f:id:DGD:20170922092750j:plain

黄身の生。
大好きですが、
少し前に話題になった映画とはゼンゼン関係ありません。
新琴似にある軽食喫茶Mの話です。

ドリンクのみと、マスターに言いつつも、
前、前、前言撤回です。
牛丼注文しました。

ランチは、日替わりもありましたが牛丼に惹かれました。

店内は、カウンター5席を含めて15席あって、
奥まった場所にあるテーブル席は4席以上あるようです。

壁一面に釣りの写真が飾ってあって、
釣り好きの方だとマスターと釣り談義が楽しめそうです。

やって来ました。
牛丼です。
黄色くツヤツヤプリプリした黄身が美味しそうです。
黄身がプリンプリン、
いや、
プリンセスプリンセス
ここは、軽食喫茶M。

そして、
黄身の生。
『遥か昔から知る その黄身に♪
 生まれてはじめて 何を言えばいい?♪』
何も言わずに食べるべし‼︎

甘辛く味付けされた牛肉に黄身の生。
解いて絡めて食べるとうまし!

牛丼の中には中太のコンニャク
皮に近い部位の玉ねぎと、
紅生姜がご飯に乗せられてありました。

ご飯は思った以上にボリューミーで、
味噌汁が入っていると思った器は冷んやり。
ひやむぎにシソが散らされて入ってました。
束でくっ付いている感じなのと、
酸味の感じがもう少し馴染みやすいといいかもでした。

総合 3.3
味 3.2
サービス 3.2
雰囲気 3.2
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道札幌市北区新琴似10条13丁目7-7
軽食喫茶M


☆☆☆次回予告編☆☆☆

今度は機会があればカフェします。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B281223710/

市内にジワジワ店舗が増えてます ∴ じんじん 琴似店

f:id:DGD:20170922092432j:plain

じんじん琴似店がいつの間にか出来ていました。

車を停めてテクテク歩いて来ましたが、
外はジリジリと暑いです。
汗がジワジワ出て来ます。
お水はキンキンに冷えていました。

エアコンが快適に効いている店内は、
軽快なジャズが流れていました。

カウンターは6席で、
ゆったり広めに配されています。

お店に入って右奥は、
4人掛けのテーブル4卓と小上がり席がありました。

お昼の時間は、感じ良さげな店主らしき男性と、
笑顔の女性スタッフの2人体制でやっているようでした。

お水が運ばれて来ましたが、
ランチメニューはジンギスカン丼のみのようで、
オーダーは取られずオートマチックに完成した
ジンギスカン丼のセットメニューが運ばれて来ました。
これまでお店に入って黙って座っている内に
自動的にランチの料理が出て来た体験は、
もう次で二桁になるところですので
次はどこで体験出来るのかが楽しみです。

白すりごまが塗されたどんぶりには、
ピーマン、モヤシ、
ジンギスカン肉、モヤシとコーン、
最下層はご飯という構成でした。

薄切りのジンギスカン肉は、
やや水分が少なめでパッサリとしていました。
モヤシはシャキシャキでクセも感じず美味しいです。
トウモロコシも入ってましたがモヤシと
羊肉との相性はいいと感じました。
ご飯はそこそこ美味しいかと思いましたが、
一部ちょっとかたくなっている米粒たちは、
歯で優しく解きほぐしてあげました。

キムチはザクザク食感が楽しめますが、
風味で馴染めず、三度試しましたが
3分の2が残りました。

水戻しのわかめ入りの味噌汁は、
ほどよいと感じる味の味噌汁でした。

総合 3.3
味 3.1
サービス 3.3
雰囲気 3.5
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道札幌市西区琴似2条1丁目3-2
河原ビル2F
じんじん 琴似店


☆☆☆次回予告編☆☆☆

ジンギスカンの食べ放題が食べたい時に思い出しそうです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B281009009/

このスタイル好きな人には堪らないと感じます ∴ 50’s ジンギスカン

f:id:DGD:20170922092155j:plain

ラムロールもあるけれど、
ロックンロールなジンギスカン店でした。

アメリカンなオールディーズが
好きな人にはハマる店だと思います。

ロックンロールなロッケンスタイルの店主は、
見た目にいかつそうですが気さくなキャラでした。
昔々、札幌市限定かわかりませんが、
ロカビリースタイルをロッケンと言ってました。
懐かしいです。
お店を出る際に店主は少し話しかけてくれて、
印象に残る笑顔で丁重に見送ってくれました。

このエリアで貴重なオールディーズスタイルは、
ジンギスカン専門店とのフュージョンで、
独自のスタイルを極めていました。

ところで、
たまにお店の人から前も来ましたよね?
と聞かれる事がありますが、
こちらでも聞かれました。

ドッペルゲンガー
アワワ・・・((((;゚Д゚)))))))
恐ろしい事が…
恐ろしいことが起こりました。
な、な、なんと自分の入る前に既に私が来ていたのです。
あまりの恐ろしさに、私も震えました。
松居一代の主張する恐怖のノートやら一連の事件とは関係はありません。

まさか、これは、
私以外の私がいるとでも言うのだろうか…
『 私以外私じゃないの♪
当たり前だけどね♪』

本日のランチは、生ラム丼です。
ランチメニューが、生ラム丼の他に、
ラムチャーハン、
ラムオムそば、
ラムミソラーメンと、
ラム尽くしの
ラインナップです。

ラム肉は、
一口サイズのものがモリッと盛られていて、
下にはシャキシャキ食感のもやしが敷かれていて、
更にその下にはライスという3層構造でした。

ラム肉の旨みを纏ったジンギスカンタレが、
ライスに味を染み込ませていてライスだけでも
ジンギスカン風味が楽しめました。

生ラム肉は、ウェルダンで焼き上げていて、
少し噛み応えある仕上がりとなっていました。
個人的にはミディアム位が好みでした。

味噌汁付きでしたが、
くっきり塩味を感じる濃いめの味でした。

店内インパクトのある白黒のモノトーンな床と、
赤の色使いがジンギスカン屋と感じさせない
カフェやバーのように感じる素敵空間でした。
ラム肉香る店内ですが清潔さがあって、
ゴチャとしていないスッキリした店内は、
カップルで来てもいい感じかと思いました。

総合 3.8
味 3.3
サービス 3.3
雰囲気 4.5
コスパ 3.3
ドリンク -

所在地
北海道札幌市西区発寒5条4-2-1
50’s ジンギスカン


☆☆☆次回予告編☆☆☆

国産備長炭を使っているそうで、
ランチから炭火でジンギスカンを食べてみます!

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B279587129/

別の日の日替わりも気になるお店です ∴ よってけ浜風

f:id:DGD:20170922091921j:plain

南区簾舞のディープな場所にて居酒屋ランチです。

ワンコインでサービス力の高い食事内容でした。

棚には、田酒、森伊蔵、獺祭など、
何気に魅力なラインナップが飾られてました。

仕事で来た場所から至近でした。
たまたまこちらを通りかかったのですが営業中とあり、
食べログ情報をチェックすると店舗データのみの店で、
これは行かねばと、引き返して来て入店したのでした。

店内には、カラオケ1曲100円とあり、
スナックカラオケのような雰囲気もありますが、
それなりに年季が感じられる居酒屋さんでした。

ライスはサービスらしく、
他の客はみんなご飯を付けてもらっていて、
ほかほか湯気が出ていて美味しそうでしたが、
食べ過ぎセーブ中につき辞退しました。

セルフコーナーには、
サラダや焼き魚2種、
納豆に卵も置いてありました。
が、
ややヘルシー志向で、
冷麦茶と、キャベツの千切りと、
白菜やもやしの薄味付けのおひたし、
これらだけもらって着席しました。

今日は冷やし中華の日だったらしく、
毎日メニューは日替わりなようでした。

冷やし中華は、ラーメンシコシコ、
硬麺な茹で加減で麺の噛み応えが
なかなかいい感じです。

具材も麺のボリュームに負けない位に乗せられていて、
きゅうり、錦糸卵、もやし、カニカマ、生姜、ハムと、
これに自分で冷やし中華のタレを好みでかけて、
夏が来た!と感じつつ、あまり期待しないで
入った割には美味しいランチが楽しめました。

食材がこのランチ用にちゃんと用意された感じで、
鮮度良好、質が良いと感じることが出来て、
ヘルシーな新鮮野菜が思いがけず沢山食べれたので、
満足度が意外と高めに感じられたランチでした。

駐車場はこの辺りならではな感じでアバウトですが、
多分3台〜5台位は停めれそうです。
もっと停めれるかも?

近隣のいつも来る常連らしき人々が、
後から続々と入ってきたので、
人気がある昼飯処のようでした。
先客0でしたが、一人客が3名、
その後にグループ客が二組来てました。

総合 3.8
味 3.4
サービス 3.3
雰囲気 3.0
コスパ 4.2
ドリンク 3.3

所在地
北海道札幌市南区簾舞2条5丁目2-1
よってけ浜風


☆☆☆次回予告編☆☆☆

この界隈は今後仕事で時々何度か来そうなので、
この近場でハラガヘッタらまた来たいお店です。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B279527146/

サラミ・ハム・ソーセージの専門店 ∴ salumi hayashi

f:id:DGD:20170919143500j:plain

サラミ・ハム・ソーセージのsalumi hayashiです。

極力添加物は利用せず作られているハムとソーセージのお店です。

プレオープンの日にやって来ました。
鹿パテと鴨スモークの試食をさせていただきました。

鹿肉のパテは、
クセが無くて口の中で解ける食感といい塩梅で、
赤ワインが欲しくなる美味いパテでした。
鹿肉と豚レバーで作られてました。
増量剤は使用しないとありましたが、
しっかり肉のうまみが感じられました。
これは早速買いですね。

鴨スモークは、ひとかたまりで売られてましたが、
なかなかのボリュームだったので、
パテ同様赤ワインとのマリアージュが良さげでしたが、
次回のお楽しみと考えて今回は試食のみ美味しく頂きました。

買ったのは、
鹿パテドカンパーニュ
ハーブソーセージ
布巻きロースハム(スライス)
スモークチキンレッグ

週末が待ち遠しいです♪

ショーケースから個別に好きなものが買えますが、
掲示板に書いてあったセット物も魅力的でした。

通販もやっていくようですが、
近場なので直接来てたまに利用するかと思います。

店内は出来たばかりで綺麗で、
カウンターがありましたが、
試食のみ利用可能なのでしょうか。
ちょい飲み出来るカウンターだと
夜の利用が魅力と思いました。


総合 3.9
味 3.9
サービス 4.0
雰囲気 4.0
コスパ 3.4
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区北2条西25丁目1-5
イルソーレトレ1階左
salumi hayashi


☆☆☆次回予告編☆☆☆

鴨スモークカモ

tabelog.com

チーズ大好きです ∴ チーズ スペシャリティ―ショップ“Tom” 札幌店

f:id:DGD:20170919143037j:plain

平日はほぼ毎日のように車で走る通り沿いでしたが、
利用したこの日までここにお店があるのには気がつきませんでした。

この日は立て看板が外に出ていたのでこちらを発見して、
用事を済ませた後で再びやって来ました。

店内に入ると、
セール品が表示価格の半額と魅力的なチーズも売っていて、
ショーケースに並ぶチーズの各種類の話を店主としながら選びました。

店内入って左手はカフェコーナーのようになっていて、
こちらに座って試食とかが出来るようになっている様子でした。

買った三種のチーズ
パルメジャーノレジャーノ
パラーノ
モッツァレラチーズ

それぞれのチーズの特徴を生かして
料理などにも使う使い方もあるかと思いますが、
シンプルにスライスしたものと共に赤ワインを飲むのが堪りません。
まだまだ3種のチーズは残っていますが、
コクや旨味や風味や食感を楽しみながら食べました。

総合 4.1
味 4.1
サービス 3.3
雰囲気 3.3
コスパ 3.5
ドリンク -

所在地
北海道札幌市西区24軒4条5丁目10番
ライオンズステーションプラザ琴似206号
チーズ スペシャリティ―ショップ“Tom” 札幌店
(世界チーズ商会株式会社)


☆☆☆次回予告編☆☆☆

半額セールはかなり魅力です。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B277418474/

長年培ってきた実績と信用があります ∴ すし処 えどきん

f:id:DGD:20170919142727j:plain

山の手通り沿いにある
すし処えどきんにやって来ました。

カウンターに置いてあるメニュー表は、
長年のノウハウで確立された構成になっていました。

ランチメニューは握りとチラシのセットが
どちらも1200円であるとのことで、
握りのセットにしました。

先ずはサラダから
シャキッと新鮮な玉葱と大根と人参のスライス
パイナップルとパセリが添えられていて、
何れも新鮮で美味しい生野菜のサラダでした。

お吸い物は海老の出汁がしっかり効いているつゆで、
いい味出ていてネギはシャキシャキの歯応えでした。

握りは全8貫で、細巻きが後から別皿でやって来ました。

マグロの赤身は中の上の味わいでしたが、
リーズナブルなランチセットで
食べるマグロとしては本鮪を使っているようで
かなり美味しいほうと感じました。
旨味とコクとがまあまああって、
最後まで残して置いて良かったと感じました。

握りで最後から2番目に食べた〆サバは、
軽めに締めたサバが柔らかうまくて
美味しい味と食感が楽しめました。

最初に食べたイカは噛み応えがありましたが、
程よく熟成した感じの美味さを感じました。

そしてエビはねっとりとした美味しさが出ていました。

サーモンは割と普通の印象です。

ホタテは生では無くてボイルされたものでしたが、
甘めの煮切りと共に割と美味しく巻いてある海苔も食べ易く、
穴子はたっぷり目に盛られてましたが、
こちらも甘めの煮切りで柔らか美味いです。

光り物はイワシでしょうか。
鮮度が高くさっぱりあっさりで、
美味しい光り物の握りでした。

細巻きは、新子巻きでした。

シャリは常温位でスタンダードな印象です。
握り加減は硬すぎず、
ワサビはそこそこ効いていて、
あっさり酢加減は北海道標準と感じました。
サイズも程よく感じましたが、
シャリの大きさはリクエスト出来るとのことです。

茶碗蒸しは超熱々のが提供されます。
やや硬めの仕上がりで、
小海老と栗などが入ってました。

お茶は、最初に出されたものと別の湯呑みで
途中で熱いのが飲めるように新たに持って来てくれました。

穏やかな笑顔でちょこちょこ話を振ってくる
親しみやすい人柄を感じる大将と、
ベテランの安定接客の女将さん、
そして、若い方は息子さんでしょうか。
真面目そうな二代目もいるようで、
今後も盤石な体制かと感じました。

店内安心して飲食出来る清潔感と、
明るさを感じる雰囲気は居心地が良かったです。

西野で長年やっていた江戸金寿しの時から
付いてきている常連も多くいるようで、
沢山来ているお祝いの花束の中に
飲食店からも様々来ているのをみると、
横の繋がりも多いようで人望があるように感じました。

カウンター8席、テーブル6席
駐車場は店前に停めるとこが出来ます。

総合 3.6
味 3.6
サービス 3.5
雰囲気 3.6
コスパ 3.2
ドリンク -

所在地
北海道札幌市西区山の手4条7丁目2-6
すし処 えどきん


☆☆☆次回予告編☆☆☆

再訪したくなる魅力を感じるお寿司屋さんです。
次は、国産うな重か握り寿司どちらにしようか迷います。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B278229116/