読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

豊穣なる海の幸と大地の恵みを一流の調理にて提供 ∴ 円山旬

f:id:DGD:20170323093152j:plain

通うほどに
繊細な和食料理の見た目と、
料理の味の良さに魅了されます。

円山旬では、
どの料理も食材を見事に活かしていて、
美味しく食材の良さを更にグッと引き出しています。
一品一品間違えのない美味しさでした。
年末に円山旬で食事会です。

ちょっと高い会席料理のコースと、
日本酒を色々飲んで、
赤ワインや白ワインも頼んで、
料理と共に楽しみました。
結構飲んだのでいい値段してました。
日本酒など飲んだものは画像の通りです。
以下略


先ずは先付け
タチとあん肝のなんちゃらと
言っていたと思います。
スーパーでは介党鱈の白子或いは、
助白又はタチと呼ばれる白子を買いますが、
円山旬では真鱈の白子、真だちのはずです。
タチはクリーミーで蕩けます。
コクのある味わいを楽しみながら食べました。
あん肝もうまし!
金粉が塗され花形にあしらわれた料理が
見た目にも美味しさを増して感じさせます。


前菜盛り合わせ
寒椿
平目の手毬寿司
栗のカステラ
鶏松風焼き
海老の艶煮
粟麩含め煮
螺の白煮
岩モズク

和食の繊細さと、
彩り良く細やかに作り込まれ
豊かな表現力を感じさせる盛り合わせの芸術性は、
見て食べて最高の酒の肴です。


白隠元豆の擂り流し
お雑煮を思い出す一足早い正月的な味わいですが、
気品を感じる上品な味わいでした。


お造り
平目薄造りと本日のお造り(鮪と活蛸と縞鯵)
お造りは醤油で食べて、
平目薄造りはポン酢にて美味しく頂きました。
活だこの弾力ある食感と、
くにゅっとした何ともいえないこの食感♪
吸盤も付いていて、
この美味しさはクセになります!
高鮮度な縞鯵のこの味わいは堪りません♪
鮪は本鮪の上質な深い旨味とコクがあり、
しっとりなめらかで心まで蕩けそうです。


メインの小平和牛
風呂吹き大根と小平和牛のグリル
隠し包丁入りの風呂吹き大根は、
サクッと箸で切りやすく食べやすく
滋味深く美味いのでした。
更に泡醤油の下に隠れた大根おろしの旨味が凄い事!
酒が進みますね~♪

海老芋と助子と島人参
何故か写真なし^^;
酔っ払いですw

お食事
厚岸産の牡蠣3年物のまるえもん入り
ふわっといい風味が香ってきました。
丸牡蠣の濃厚な味わいがと旨味を
炊き込んだご飯と共に食べる贅沢!
海の豊穣なミルクの味わいが
ドドンと押し寄せてきます♪

香の物
シャキシャキとした食感でいい味してます。


旬特製デザート
ひんやりと甘酸っぱく、
もっちりプルンと甘美味く、
最後まで手抜きの無い美味しい料理が堪能出来ました。


食後のドリンク
アイスコーヒー

総合 4.8
味 4.8
サービス 4.5
雰囲気 4.5
コスパ 4.0
ドリンク 4.5

所在地
北海道札幌市中央区北5条西28丁目
ラフレ28ビル 2F

ピロティ駐車場完備
店内分煙

最寄駅
地下鉄東西線「西28丁目」駅、
2番出口より徒歩1分


☆☆☆次回予告編☆☆☆

円山旬は、やはり定期的に通いたいお店です。

耳コピなので料理名等多少違うかもしれません。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B52231843/

期待を裏切らない高いトータルパワー ∴ 円山旬

酢味噌のホタルイカ
鯛の練り酒盗
岩もずく酢
ほうれん草とうるい
蛸の柔らか煮

鯛の練り酒盗
卵と練ったとのことで、
卵黄のみ使用かと思いますが、
コクがあって美味しかったです。

よもぎしんじょうのお吸い物
うるい乗せ
筍入り
柚子の風味付け
サクサクのタケノコが美味いです。
ヨモギの風味がよく感じられました。
ごっこの卵が底にありました。

刺身盛り合わせ
鮪、活蛸、鰊、帆立

鰊の歯応えサクサクプリプリ新鮮!
活だこは相変わらずの食感の良さで、
タコ好きなら堪らない刺身です。

小平牛の5A

食事は以下より選択
にゅうめん
蟹雑炊


すだちのババロアと杏子のジェラート
柘榴の種子乗せ

いいタイミングでの料理提供にも感じられ、
同じような刺身の盛り付けもその都度に
豊富なバリエーションでワンパターン化しておらず、
メリハリのあるフレージング的な多彩さを感じます。

総合 4.8
味 4.8
サービス 4.5
雰囲気 4.5
コスパ 4.2
ドリンク 3.5

所在地
北海道札幌市中央区北5条西28丁目
ラフレ28ビル 2F

ピロティ駐車場完備
店内分煙

最寄駅
地下鉄東西線「西28丁目」駅、
2番出口より徒歩1分

ずしっと寿司が腹に溜まりました ∴ 夢良家 (ムラヤ)

f:id:DGD:20170323092606j:plain

金曜日の寿司を食べにやって来ました。
やっと来て食べるタイミングが合いました。

ちょっと強面な感じの店主は、
接客は丁寧で常連からも親しまれている様子でした。

甘みのない酢飯はずっしり重いのでした。
味と食感がストライクゾーンからははみ出て感じます。
ワサビの効きはランダム的な感じですが、
シャリの一貫一貫はボリュームと
ねっちょりも感じ重みがありました。

ネタのクオリティはスーパー的でした。
烏賊は柔らかく食べやすくていいかなと感じでしたが、
鮪は本鮪じゃ無いのは仕方ないにしても味が薄いです。
変に熟成して感じるネタは無い点はいいのですが、
ネタの旨味は海老が一番感じられ、
ネタ全般シャリのボリュームには
釣り合って無いように感じられました。
シャリに対してボリューム不足に
どうしても感じられるネタでした。
個人的にはシャリはもう少し小さめで
ネタとのバランスが合っているといいかなと…
握りの形はそこそこ整っているんですが、
あまり好んで食べるタイプには感じられませんでした。
毎回内容は違うと思いますが、
細巻きは要らないかなと感じる中身でした。
舎利は重いので腹持ちは良さそうです。
お寿司自体趣味で握れる感じなのか、
寿司職人としての経験があるのかが興味があるところでした。

温麺は、これももっさり入っていましたが、
元々の風味にあまり要らない風味を感じ、
ちょっと温いのはやはり熱々がいいと感じます。

食後のコーヒーは嬉しいんですが、
最後に食べたガリの後味も相まってか
ちょっと飲んで終了しました。
これならセルフか無くていいかも。

喫煙可でしたが、
何組かいた常連客っぽい人々は
誰も吸わずにいました。

総合 3.1
味 2.9
サービス 3.3
雰囲気 3.3
コスパ 3.3
ドリンク 2.9

所在地
北海道札幌市西区西野2条2丁目6-12


☆☆☆次回予告編☆☆☆

次食べるなら
焼き魚定食が無難に感じます。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B251163630/

リーズナブルな九州産活鰻 ∴ うなぎの川幸

f:id:DGD:20170323092310j:plain

うな丼を食べ終わった後に、
デザートと珈琲を飲んだ後にも
鰻の芳ばしい余韻が長く続きました。

温かみのある感じの良い接客が、
何とも家庭的なアットホームのような感じもあり
ご夫婦かと思いますがお店の2人に好感持てました。

料理や空間に独自の工夫を感じます。

道新ぶんぶんクラブのカードにて、
特典もありましたが、
気配りと思いやりが伝わる感じがいいですね。

鰻の方は、
うな丼にしましたが、
やはり鰻自体のボリューム感は
ちょっと少な目なのと合わせて、
錦糸卵や海苔が敷いてある感じ、
紅生姜や昆布の佃煮と、
ほか弁とかの弁当ののり弁を
彷彿とさせる設定のどんぶりでした。

鰻はそのまま食べてタレの味わいと
鰻との馴染みがいいことを確認して、
山椒を追加して食べると風味良く味が引き締まります。
柔らかくて鰻の旨味と食感が楽しめました。
そして、ご飯は美味しいんですが、
2度ダマになった感じの塊がありました。

菜の花や筍、大根、椎茸の煮しめ
春の息吹を感じる小鉢の料理は
薄味で出汁感も良く感じられました。

漬物は、
胡瓜と人参の糠漬け、大根の漬物など、
シャキシャキ食感と、濃過ぎない素材の味も
楽しめる仕上がりの漬物で美味しく食べました。

肝吸いも付いて来て、
つゆはいい味付けで、
肝自体も味が抜けておらず、
程良い弾力がある新鮮で美味しさ感じる肝吸いでした。

食後には、プリン仕立ての茶碗蒸しには、
林檎などのフルーツが乗せられていて、
コーヒーと共にリフレッシュ出来ました。
個人的には鰻蒲焼の余韻には、
やはりお茶だけでいいとも感じられました。

うな丼は、
うな重と比べてかなりリーズナブルに
鰻料理を食べられるのが魅力でした。

総合 3.7
味 3.7
サービス 3.8
雰囲気 3.5
コスパ 3.7
ドリンク 3.1

所在地
北海道札幌市西区西野二条2-8-11


☆☆☆次回予告編☆☆☆

次はうな重が食べてみたいです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B142845524/

カフェのつもりが・・・マクドナルド 新琴似店

f:id:DGD:20170323091936j:plain

行く予定の場所は、
ラストオーダーが終わっていたのでアテが外れて、
マック店内でカフェでもしようかと思っていたら、
並んでる最中に電話が来て呼び出されたので、
またまた予定変更…

最終的に
移動しながらハンバーガーだけ食べる事にしました。
15分位時間があれば店内で過ごそうと思いましたが、
結局最初の行く予定の場所ではなくなって、
結果オーライ的なシチュエーションでした。

最初の場所でカフェしていたら
珈琲を淹れてる最中とか、
熱々で飲み残すなど勿体無い事になりそうで、
そういう状況は回避出来たのは良かったと思います。

いつの間にか、100円マック無くなって、
200円のチキンチーズバーガーを買いました。

味付けが濃くてジャンクなハンバーグでした。
塩辛さのような荒々しい味付けですね。
滋味深さやまろやかさなどは
期待していたわけではありませんが、
予想以上に尖がった味に感じてしまいました。
以前は親しんだ味でも、
好みの変化で合わなくなって感じます。

チキチーとか好きになれないネーミングで、
100円だったチキンクリスプ
チーズ加えただけで倍額とは、
なんだか損したような気分にもなってしまいました。

やはりマック、
ますますもう行かなくていい感じの気分になりました。。。
そう言いつつもたまに行くと思います。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B103079101/

柔らかジューシー美味しいラム肉 ∴ 63ジンギスカン

『あのお肉はどこのお肉 こんな真夜中♪
 しっかり噛みしめた 赤いラム肉よ♪』

『赤い焼肉』食べに来ました。

f:id:DGD:20170322093052j:plain

真夜中のジンギスカン
またやってしまいました。

ここで〆るつもりが更なる続きがありましたが、
それはさて置き、
ここでは思う存分ラム肉が堪能出来ました。

ジューシーさと旨味しっかりな良質なラム肉で、
持続する飽きない美味さを実感する事が出来ました。

ラム肩ロース×3皿
ラム肩は美味しくて更に追加もしました。
メニュー表の説明で生ラム肩ロースは、
仔羊の臭みが少なくて、
柔らかジューシーで旨みが際立つ
チャックロールのみを使用しているとあり、
実際満足度の高いクオリティーのラム肩ロースです。
フレッシュでジューシーさが感じられ、
コクがあって旨味があるこのラム肩ロースは、
私だけでなくて、ご一緒した方も気に入ったようでした。

f:id:DGD:20170322093100j:plain

ラムチョップ
ローズマリーレモングラスのハーブが香ります。
ハーブ種は合ってるか分かりませんが、
焼いた時に風味がとても良いのです。
柔らかジューシーでお酒がススムくんでした。

ラムウィンナー
噛むほどに味わい深いビールによく合うウインナーでした。

f:id:DGD:20170322093108j:plain

塩マトン
ジューシーで塩だれの漬け込みも程よく、
癖があまり無くて美味しいほうですが、
やはり、ラム肩ロースのほうが好きでした。

もやしや玉ねぎは、
たまにある長時間干乾したようなものではなく、
フレッシュさがあって焼くと甘みも感じる
美味しい野菜たちでした。

チャンジャ
噛むほどに旨味と辛味がじんわりと感じられ、
酒の肴に間違いない珍味でした。

生ビールは、サッポロクラシック
ジンギスカンと共に美味しく満足です。
その後ハイボールも飲みました。

総合 4.1
味 4.1
サービス 3.5
雰囲気 3.7
コスパ 3.5
ドリンク 3.5

所在地
北海道札幌市中央区南6条西3
おふく会館 B1F


☆☆☆次回予告編☆☆☆

『なぜだかこの手に脂がひかる♪
しょんぼりその家に灯りこもる頃♪
こんな時 お肉がほら♪
もうじきあの あのラムが食べられる♪
柔らかくて ジューシーさが♪
あの肉が美味しいラム肉食ってくる♪』

参照
曲:赤い風船
歌:浅田美代子
作詞:安井かずみ
作曲:筒美京平

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B215073470/

丼ピシャリ ∴ 175°DENO〜担担麺〜 札幌北口店

丼丼丼丼痺れてきました。
辛さに加えて痺れがとっても気持ちいい〜♪
辛味と合わせて痺れたい時にドンピシャリなお店です。
汁有りだとどんぶりな感じですが、
無しだとオシャレな皿といった感じでした。

f:id:DGD:20170322092537j:plain

注文は、
汁無し
凄く痺れる

一度凄く痺れるにしてしまうと、
この痺れが快感でヤミツキになります。
辛さと痺れに溺れたくなった時には、
やはり175°DENO〜担担麺〜が鉄板と感じます。

肉の旨味と辛味とそして痺れが、
口いっぱいに押し寄せてくるのですが、
今思い出してもジュワジュワして感じます。

今回ちょっと気になったのが、
モチモチした麺の食感は美味しくも
熱々では無くて温くて、
麺がちょっとまとまってくっついている感じで
ほぐれ辛いので食べるのに苦労しました。
後、これまで食べた中では、
思ったよりも痺れが後を引かなかった感じがありました。
痺れレベルが凄くでは無いような…

お店の前まで来たときは、
並んでいなくて空いているかと思いましたが、
やはり店内にはそこそこ客の入りがありました。
ランチの劇混みの時間はどれくらい
待ち時間があるか分かりませんが、
やはり混む時間帯はずらした方がいいと感じました。
通し営業なので他店が空いていない
時間帯に食べたい時にはとてもありがたいお店です。

自動的にフリーワイファイに繋がります。
ベンリー

総合 3.7
味 3.7
サービス 3.3
雰囲気 3.4
コスパ 3.5
ドリンク -

所在地
北海道札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌ビル1F


☆☆☆次回予告編☆☆☆

美味しく痺れたいときにまたお世話になります!