読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

お寿司のララランチ ∴ すしほまれ

※ タイトルは、最近話題のララランドとは関係ありません。
第89回アカデミー賞では、
ラ・ラ・ランド(La La Land)
が作品賞逃すも最多6部門で
受賞があったと先ほど速報がありました。
映画は見てませんが時事ネタでした。

こちらすしほまれでは、
ランチのコスパ優秀賞を受賞した模様です。
最優秀賞はどこでしょう。

f:id:DGD:20170315093628j:plain

という事で、すすきのでランチ寿司です。
こちら好感度の高いお寿司屋さんでした。

ジャンボ1000で駐車して、
すしほまれの後に元々用事のあった
ラフィラに帰り行くというコースの利用でした。
食事はコースではありません。
ランチ寿司セットの利用です。

たこまんまが旨い!
ヤナギダコの雌の卵で元々コクのある珍味ですが、
卵黄も混ぜているのか旨さに深みを感じました。
かねとも寿しでは軍艦で食べて、
自宅でもイクラの要領で醤油漬けで食べましたが、
色々食べたたこまんまの中でも、
これは美味しい仕上がりの珍味でした。

f:id:DGD:20170315093644j:plain

白菜の漬物も付いてきて、
夜だったらこれがお通しで、
300〜500円値が
突き出しで出て来た感じでした。

そして少し温めですが茶碗蒸し
海老の他に柔らかな銀杏が入っていたようです。
ちょっと濃いめな味付けですが、
酒の肴に丁度良さそうな蛸の卵や、
白菜、茶碗蒸しと、
ビールか日本酒でも飲みたくなります。
濃い目でもいい味付けでした。

そして、
お寿司の第一陣やって来ました。


海老
烏賊

帆立
サーモン
カニカマ
玉子

味噌汁は、
蜆入りでこれは美味いです。
風味がいいんです。

f:id:DGD:20170315093703j:plain

お寿司の第二陣は軍艦2貫でした。

イクラ
雲丹

〆にデザートがプチサイズの抹茶アイスでした。
とあるクーポン利用です。
緑茶とよく合うんです。

ランチ寿司10貫で1000円と、
この内容でいくとリーズナブルで、
すすきのにおいては利用しやすくて、
親しみやすい良心的価格が魅力的でした。

大将も、ホールのお母さんも感じよく、
敷居の高さや緊張感はあまりなく
割と寛ぎの中でお寿司が食べられるお店でした。

ネタで変な熟成型のものは無いので、
食べやすく安定した質と感じました。
ネタは安定した質ですが、
ネタランクは標準か、
ものにより中の微妙に下でしょうか。

最後に食べたマグロから
すらっとしたシルエットの
赤身がシャリに乗っていて、
しっとりしていて甘みはほんのり
旨みはややあるも熟成待ちな感じでしょうか。

鯛かと…
柔らかくも身が締まっていて
噛むほどに甘みも感じられました。

帆立は貝柱の硬い部位を感じましたが、
それ以外は食べやすく甘みも感じました。

イカは切込みが入れてありますが、
ちょっと硬めの食感でした。

カニカマは、
そのまんまカニカマなお寿司ですw
割と好きですが^^;

サーモンはあっさりタイプの
身の締まったものでした。

タマゴは自家製でした。
出汁の優しい甘みが感じられ
カリッと食感ありました。

ウニも割と食べやすい方の味で、
イクラはしっかり目な味付けですが、
味は濃過ぎず酒を誘う味付けでした。

レタスがちょびっとありましたが、
プラ製のバランよりも
野菜として摂取出来るし、
醤油刷毛としては、
味移りしないので
ガリよりも使い勝手が良さげです。
自分はそういう使い方はしませんが…

ガリは食べれるほうの品質でした。
ランチで食べてきた寿司店の大半で、
口に合わないガリが出るという不思議。

舎利はヒンヤリ
ほろりころりとした食感ですが、
解けるふわっとした握りでした。

総合 3.6
味 3.4
サービス 3.7
雰囲気 3.5
コスパ 3.9
ドリンク -

所在地
北海道札幌市中央区南4条西4丁目
すずらんビル別館2F


☆☆☆次回予告編☆☆☆

すすきので気軽に利用しやすいランチ寿司が魅力です!

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B200320800/