読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

住宅街に紛れて昭和の味が出た寿司店がありました ∴ 男鹿寿し

男鹿寿しはランチメニューは無いですが、
握り寿司のセットメニューがありました。

男鹿の読みは、おがです。

f:id:DGD:20170213170519j:plain

並生寿し 800円
中生寿し 1000円
上生寿し 1200円
特上生寿し 1600円
男鹿寿し 2200円

以上の5種のメニューから、
丁度真ん中の上生寿しにしました。

握りは手早く三貫づつやって来ました。

 烏賊
 鮪
 鰤

 帆立
 海老
 北寄

 イクラ

 細巻2種(カッパ巻きと、鉄火巻き)

最後、たまご付けてくれました。

お吸い物はホッキが入っていて、
これは食感もサクサクしていて美味しいです。

熱々のお茶もいい感じです。

シャリは少し柔らか仕上げなようです。
握り加減は、きっちり形を整えてでは無いですが、
仕事はかなり早いと感じました。
早いのはいいですが悪く言えば雑な感じです。
ネタの内容とシャリの状態で考えると割高です。
でも愛想良く、サービスもしてくれました。

最後に取って置いた鮪赤身は、
柔らかくてじわじわと旨味が感じられました。
熟成度も感じられ、美味しい本鮪の赤身でした。
美味さ際立ちますが、シャリが残念。

鉄火巻きもなかなか中身の赤身はいい感じです。

f:id:DGD:20170213170559j:plain

イカはちょっと熟成が進んでいる感じで、
イカがなものかと思いますが兄貴ですか。
以下略。

かっぱ巻きはそれ程興味あるものではありませんが、
野菜巻きですしヘルシーですしお寿司。

たまごは玉で出されるかと思ったら、
シャリ入った大きいのを出してくれて、
これがいい感じでお腹膨らませてくれました。

f:id:DGD:20170213170423j:plain

昭和60年開店で、
昭和の味のある佇まいの店内でした。
カウンターからは丁度テレビが見れるようになっていて、
大将は何度か話しかけてきたので、2、3話をしました。
夜の仕込みがてらの営業との事で、
やはり夜がメインらしく、
出前もやっているようでした。

それほど話してませんが、
2度ほど話しかけた後は、
夜の仕込みに向けて没頭している模様ですし、
そんなわけで会計してもらいました。

カウンター7席、
小上がりは、4人テーブル×3卓。

総合 3.2
味 3.1
サービス 3.3
雰囲気 3.4
コスパ 3.1
ドリンク -

所在地
北海道札幌市東区北二十条東2-1-38


☆☆☆次回予告編☆☆☆

序にはやっていないであろう
夜の営業に興味はありますが、
場所的に来るのは厳しいです。
シャリの状態も再確認したいですし。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B244545522/