読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

小樽の高台にある料亭 ∴ 麓洋

f:id:DGD:20170414095057j:plain

ランチは、3000円で以下のコースでした。

前菜
蝦夷鹿腸詰
マスカルポーネ酒盗
鰊切込三升漬

御造里
鮪赤身、平目、甘海老
あしらい一式

焼物
蝦夷鹿肉陶板焼
椎茸、南京、長葱、ピーマン
自家製ポン酢

蒸物
舞茸土瓶蒸し
海老、白身魚、鶏、銀杏、梅麩、酢橘

揚物
天麩羅盛合わせ
海老、帆立、タラの芽、アイヌ
アンデス塩、檸檬添え

御食事
イクラ御飯

香物
芝漬、胡瓜新漬

水菓子
キウイ、葡萄

料亭の味が楽しみになる内容です。
が、
足の裏が良く冷えまする。
足元はポータブルストーブでは
追い付いていない様子です。
女性には膝掛けがあればいいかと感じます。

ガラス越しの
ウイングベイ小樽側の硝子が曇っていて、
東屋の方だけ硝子がクリアでした。
あずましくない感じも一部ありました。

大きな部屋を貸し切り状態で
利用出来たのはいいですが、
ポットに入っている番茶が、
最初から温かったのが気になりました。

蝦夷鹿腸詰は、
ビールやお酒に丁度いい感じでした。

カツオの内臓で作った塩辛に
マスカルポーネがいい仕事をしてました。
ますますお酒が飲みたくなります。

鰊切込み山椒漬けは少し身が緩んだ食感で、
冷解凍は一度以上したのかが気になるところです。

刺身は盛り付けが綺麗で楽しめました。
味や質は居酒屋でよくある内容です。

蝦夷鹿肉は腿肉で、
陶板焼で焼き過ぎず食べると柔らか美味しいです。
クセの無い赤身肉でヘルシーでした。

あっさり系の味付けですが出汁が効いていて、
健康的な土瓶蒸しでした。

天ぷらは、春の山菜や海老と帆立を
檸檬を垂らして塩でさっぱりと食べました。
もっちりとしたタラの芽が特に美味しかったです。

イクラご飯です。
錦糸卵や海苔と共に食べるご飯は美味しいです。
香物は胡瓜新漬けがあっさりとしていて
食感も楽しめました。

最後に甘酸っぱいキウイや
甘いブドウでリフレッシュ♪

接客は笑顔と気遣いあって良かったです。


総合 3.3
味 3.3
サービス 3.3
雰囲気 3.5
コスパ 3.5
ドリンク 2.9

所在地
北海道小樽市若竹町19-25
麓洋


☆☆☆次回予告編☆☆☆

天気の良い暖かな季節が良さそうです。

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B250678348/