読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DGD’s blog

【食べロード・オブ・ザ・ライフ】 食べ飲ミクス・他・ネバーエンディング・ストーリーなう 食べログメインで主に食べ歩き放浪記、など日常の忘備録 食材に好き嫌い無く、お寿司、和食、日本料理、中華、洋食、フレンチ、イタリアン、カフェ、焼肉、居酒屋、バー、ラーメン、パン、スイーツ、ラーメン、スープカレーなど、何でも食べるのが好きです。 ポリシー『百聞不如一食』

洋食屋さんに変わりました ∴ Cookin' Pierrot (クッキンピエロ)

f:id:DGD:20170201090506j:plain

https://tabelog.com/rvwr/dgd/rvwdtl/B241654776/

Cookin' Pierrotの店内に入ると、
美味しそうな洋食の仕込んだ食材と
バターが入り混じったような
いい匂いがしてきました。

完全禁煙が嬉しい洋食屋さんです。

BGMは、FMノースウェーブが聴こえてます。

Cookin' Pierrotの日替わりランチ定食は、
650円とリーズナブルで、
一週間分の日替わりメニューが掲載されていました。

メニューを一通り見て、
紹介文にデミグラスソースについて、
数日間寝かせた自慢のこだわり抜いた
と、
書いてあったので、
ハンバーグ定食より、
レギュラーハンバーグ800円にしました。
ライスと味噌汁付きで、
ハンバーグとライスのボリュームは標準的でした。

札幌三越で40年間ほど腕を揮ってきたとあり、
長年の経験で安定した料理の腕を発揮出来るでしょうか。

調理期間を経て注文した
レギュラーハンバーグがやって来ました。

よくある洋食スタイルでの提供で、
鉄板が熱々でデミグラスソースが
グツグツしています。

ジュワッと肉汁滴るハンバーグは、
玉ねぎのシャリシャリ感と肉の味が、
ホロコロとした食感と共に感じられました。
手作り感のあるビジュアルのハンバーグは、
100%国産肉を使用していると書いてあります。
タマネギは細かくみじん切りされている感じです。

つなぎ等の中身は分かりませんが、
柔らかな食感はパン粉が使われて
いるのではないかと思います。

デミグラスソース同様、
ハンバーグも手作りな感じですが、
札幌市営地下鉄東西線西18丁目駅近くにある
老舗洋食レストラン「にしかわ」の
ハンバーグの見た目を思い出します。

シメジとソースと共にハンバーグにかけてあり、
付け合わせには、塩茹で人参、ブロッコリー
ポテトが添えられていました。

デミグラスソースは、ハンバーグとの相性良く、
ライスも美味しいので箸が進みます。
旨味あるコクと甘みがあって美味しいソースです。

味噌汁は、白菜の具入りで味はいいです。

1本でもニンジン ニ~ンジン♪
2本でニンジン ニンジン ニ~ンジン♪
と聞いたことがありますが、
3本でもニンジンでした。
と、
3本ミニサイズのが付いていて、
フヤッと柔らかくて塩味が付いているので、
そのまま食べれますが、
もう少し食感があるか、
グラッセした人参だと嬉しいです。

ブロッコリーはいい食感で、
テーブルには塩コショウといった
調味料のものは何もないので、
デミグラスソースを付けて食べました。
塩があっても特に使わなかったと思いますが、
黒胡椒があれば恐らく使っていたかと思います。

食べた食事のぱっと見たビジュアルは、
オーソドックスな感じで、ありがちかなと感じ、
何か特色があれば印象に残るかなと感じました。

ハンバーグは、レギュラーハンバーグ以外にも
バリエーションがありましたが、
それ以外でダブルやトリプルなど、
メガバーガーとまでいかなくても何か特徴があると
より興味が湧くかなと感じながら店を後にしました。

ランチはドリンクサービスなどもあると嬉しいです。

腰の低いお母さん、
4割注ぎの水で出したりと、
まだ慣れていない感じですが、
一生懸命さが伝わってきました。
オーナーシェフさんも感じはいいです。

オープンしてそれほどは経っていないので、
これからな部分もあるかと思いますが、
綺麗な店内は過ごし易さを感じました。

カウンター4席
4人掛けテーブル席×2卓

小上がり 掘り炬燵
(4人掛けテーブル×2卓、
2人掛けテーブル×1卓)

総合 3.3
味 3.3
サービス 3.3
雰囲気 3.5
コスパ 3.0
ドリンク -

住所
北海道札幌市手稲区手稲本町2条3丁目5-5
2.3ビル
駐車場無し


☆☆☆次回予告編☆☆☆

函館のラッキーピエロ的に
店名にピエロが付く由来が気になっています。